蠅い擦 伊勢家こな吉商店BLOG

粉末ひじき・めかぶ・わかめ・こんぶ・寒天などの製造直販
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新年早々・・・( ´ー`)フゥー | main | 浜乙女様、新商品です🎵 >>
節分

2月3日は節分。季節の分かれ目。

やっと春がやってきますねぇ。
とは言え、当地では2月の雪も多いみたいで油断は出来ません。

 

節分には豆を撒いたり、玄関にイワシを刺した柊を飾ったりしますね。
さて、その由来は??

 

まぐまぐさんのニュースで紹介されていました。

平安時代、宮中で厄除けや災難除けにと陰陽師にお祓い(追儺ついな)を
してもらう行事が始まりで、室町時代に入ると豆をまいて鬼退治、と
変わってきたようです。

でも子供の頃、日本中で豆をぶつけられるなんて、鬼さんってどんな
悪いことをしたんだろうと不思議に思ったものでした。

豆は生だと拾い忘れたころ芽が出るので縁起悪く、煎ったものを使う。
鬼の姿は角(つの)と虎のパンツですが、これは鬼の出入り口である鬼門の
方角が、丑(うし)、虎(とら)の方角なので、頭には牛の角があり、
虎のパンツをはいている、そうですよ。

また柊とイワシを玄関に飾るのは、鬼が柊のトゲとイワシの匂いが
嫌いなんだとか。

 

この悪者の鬼さん、確か日本ではいくつかの地方で『鬼は〜内っ』
と鬼を歓迎する地方もありますよね。

また和歌山の修験の山、大峰山は今も鬼の子孫である五鬼助家が宿坊を開き

山を守っているとか。
面白いですねぇ。

 

 

もう一つ。
牡丹の花が咲く春のお彼岸に食べるのが『ぼたもち』で萩の花が
咲く秋のお彼岸に食べるのが『おはぎ』というのも日本人ならではの
呼び方ですね〜。

やっぱり豆より“ぼたもち”、かな(^^ゞ

 

 

∇≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
≡≡株式会社いせ こhttp://www.iseko.com/
≡≡こな吉商店
http://www.iseko.com/kona/
≡≡  Mail  info@iseko.com
≡≡(TEL) 0598-56-3013 フリー0120-301388 
≡≡ 〒515-2105 三重県松阪市肥留町374-1
∇≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

| comments(0) | trackbacks(0) | 10:20 | category: つぶやき |
スポンサーサイト
| - | - | 10:20 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iseko.jugem.jp/trackback/342
トラックバック
Search this site
特許・粉末ひじき「ミルファひじき」 「天然のミネラル源」として昔から食卓に登場していた ヒジキは、 すばらしい効用をもつ健康食です。 【ミルファひじき】は良質の ヒジキを微粉末にすることで、 栄養素の含有量と吸収力を飛躍的に アップさせた体に やさしい、無添加の自然食品です。

http://www.iseko.com/


粉末ひじき(ミルファ)・粉末めかぶ(ミルファ)・粉末わかめ(ミルファ)・粉末こんぶ(ミルファ)・粉末寒天(ミルファ)などの通販ページ

http://www.iseko.com/kona/

Categories
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
  • 気は長く 心は丸く 腹立てず 口慎めば 命長かれ
    こな吉 (02/23)
  • 気は長く 心は丸く 腹立てず 口慎めば 命長かれ
    読者 (02/18)
Trackback
Mobile
qrcode
Sponsored Links